100周年のあゆみ

  • 年表で振り返る大谷学園の歴史
  • 明治・大正時代のあゆみ
  • 昭和時代のあゆみ
  • 平成時代のあゆみ

昭和時代のあゆみ

昭和5(1930)年

4月 大谷女子専門学校(国文科・技芸科)を阿倍野区共立通に設立。
財団法人大谷学園となる。

昭和6(1931)年

1月 大谷女学校の校舎移築、阿倍野区共立通に移転完了。

4月 大谷女子専門学校に家政科を増設する。

昭和6(1931)年 割烹実習風景(大谷女子専門学校)

昭和6(1931)年割烹実習風景(大谷女子専門学校)

昭和7(1932)年

1月 大谷女子専門学校の新校舎落成。

昭和11(1936)年

3月 大谷女学校を第ニ大谷高等女学校に昇格、左藤義詮校長に就任。

昭和12(1937)年

4月 第ニ大谷高等女学校、校舎新築落成移転。

5月 両高等女学校新制服制定。

昭和12(1937)年 第二大谷高等女学校授業風景

昭和12(1937)年第二大谷高等女学校授業風景

昭和12(1937)年 両高等女学校の制服

昭和12(1937)年両高等女学校の制服

昭和13(1938)年

大谷女子専門学校国文科廃止。

昭和15(1940)年

11月 皇紀二千六百年記念日に左藤了秀校長に藍綬褒章授与。

第ニ大谷高等女学校、定員1000名、修業年限5カ年に変更が許可される。

昭和19(1944)年

4月 中学校、高等女学校、実業学校の修業年限は18年4月入学者から1年短縮して4年と定められる。

4月 大谷女子専門学校、家政科を保健科と改称(20年復称)。
数学科を増設(昭和23年まで存続、募集は19、20年のみで廃止)。
この年、大谷・第ニ大谷高女生徒、いくつもの工場に分かれて工場動員。

昭和20(1945)年

12月4日 左藤了秀逝去。

12月 左藤義詮理事長に就任。

昭和21(1946)年

4月 理事長左藤義詮、衆議院議員となる。

4月 大谷女子専門学校、技芸科を被服科と改称。

5月 第ニ大谷高等女学校、東大谷高等女学校と改称する。

昭和22(1947)年
4月 新制大谷女子、東大谷女子中学校発足。

昭和22(1947)年 昭和22年度入学募集要項(大谷女子専門学校)

昭和22(1947)年
昭和22年度入学募集要項(大谷女子専門学校)

昭和23(1948)年

4月 学制改革により、大谷高等女学校は大谷中学校・大谷高等学校に、東大谷高等女学校は東大谷中学校・東大谷高等学校になる。

4月 大谷女子専門学校に英語科増設。

昭和25(1950)年

3月 大谷女子短期大学設立認可。

4月 大谷女子専門学校、学制改革により大谷女子短期大学(家政科・被服科・英語科)となる。

昭和26(1951)年

2月 財団法人大谷学園は学校法人大谷学園となる。

昭和30(1955)年

1月 大谷女子短期大学、免許資格(中学校ニ級普通・保健・家庭・英語)認定。

昭和32(1957)年

5月 左藤義詮学園長、多年の私学振興尽力により、大阪府知事表彰を受ける。

昭和33(1958)年

10月 創立五十周年記念式挙行。

昭和34(1959)年

4月 左藤義詮大阪府知事となり理事長・学園長を退任、左藤行子学園長となる。

昭和36(1961)年

4月 大谷学園編集「聖典」発行。

昭和36(1961)年 大谷学園聖典

昭和36(1961)年大谷学園聖典

昭和38(1963)年

2月 東大谷高等学校入学志願者を初めて公募。東大谷中学校・高等学校4階屋上に5階4教室増築。大谷中学校・高等学校屋上4階2教室増築。

11月 創立五十五周年、記念式典を挙行。

昭和40(1965)年

4月 大谷学園校訓を成文化制定。

12月 大谷女子大学学舎落成。富田林市錦織1824番地。

昭和40(1965)年 大谷女子大学創立当時

昭和40(1965)年大谷女子大学創立当時

昭和41(1966)年

1月 大谷女子大学設立認可。

4月 大谷女子大学開学(文学部国文学科・英文学科)。

左藤行子学長就任。

昭和43(1968)年

10月 創立六十周年記念行事挙行。

昭和43(1968)年 大谷学園創立六十周年記念式典

昭和43(1968)年大谷学園創立六十周年記念式典

昭和44(1969)年

3月 大谷学園会館(ニ階同窓会館)が共立通に落成。

4月 大谷女子短期大学の家政科、被服科、英語科を家政学科、被服学科、英語英文学科に改称。

5月 六十周年記念事業の一貫として記念誌「尋源」を発行、校祖の年譜を集録する。

10月 大谷幼稚園を富田林市寺池台に開園。

11月 理事長左藤行子退任、左藤恵理事長となる。

昭和44(1969)年 大谷幼稚園正門前

昭和44(1969)年大谷幼稚園正門前

昭和45(1970)年

3月 左藤義詮知事畢生の大事業「万国博」開催。

4月 大谷女子大学に幼児教育学科を増設。

昭和46(1971)年

11月 名誉学園長左藤義詮勲一等瑞宝章を叙勲。

昭和48(1973)年

6月 前理事長左藤行子逝去、勲三等宝冠章を叙勲。

10月 大谷女子大学に図書館竣工。

昭和50(1975)年

3月 六十五周年記念事業の一環として校祖『左藤了秀』伝を発行。

4月 大谷女子大学、大学院文学研究科(国語学国文学専攻、英語学英米文学専攻)の修士課程を設置。

昭和51(1976)年

3月 東大谷中学校廃校。

昭和53(1978)年

4月 大谷女子大学に大学院文学研究科(国語学国文学専攻、英語学英米文学専攻)の博士課程を設置。

昭和58(1983)年

4月 大谷女子短期大学を富田林市錦織へ移転。

10月 創立七十五周年記念 写真集『報恩感謝』刊行。

昭和58(1983)年 移転後の大谷女子短期大学校舎

昭和58(1983)年移転後の大谷女子短期大学校舎

昭和58(1983)年 大谷学園創立七十五周年記念式典

昭和58(1983)年大谷学園創立七十五周年記念式典

昭和59(1984)年

3月 東大谷高等学校本館落成。

昭和60(1986)年

1月 名誉学園長左藤義詮逝去、従三位を追叙される。

3月 大谷中学校・高等学校、中央館落成。

5月 大谷中学校本館落成。

昭和61(1986)年

4月 大谷中学校・高等学校、特進コース開設。

昭和63(1988)年

4月 帝塚山学舎(記念館)落成。

  • 明治・大正時代のあゆみ
  • 平成時代のあゆみ

ページトップへ

Copyright(c) 2009 Ohtani Gakuen. All Rights Reserved.