大谷学園 サイトマップ アクセス・お問い合わせ
 HOME > 理事長挨拶
Title_理事長挨拶
理事長 左藤 一義
 大谷学園は、明治42(1909)年左藤了秀によって真宗大谷派難波別院内に設立された「大谷裁縫女学校」を起源とする真宗大谷派の関係学校です。創設以来「報恩感謝」の教えのもと、次代を担う女性の育成を目的として、多くの優れた人材を世に送り出して参りました。平成30年、お陰をもちまして創立満109年を迎えております。これもその間、学園を支えてくださいました数多くの関係各位のご尽力の賜物と感謝しております。
 学園におきましては、創立100年を迎えた平成21(2009)年の前後より、教育環境の一層の整備・充実などを実施して参りました。平成18年度より大学において自然科学系の「薬学部」を開設し、合わせてこれまでの女子教育の長き伝統の上に、男女共同参画社会の到来という時代の流れを踏まえ、全ての学部を男女共学といたしました。と同時に「教員志望のニーズ」に応えるべく「教職教育センター」や「幼児教育実践研究センター」さらには「特別支援教育センター」なども順次立ち上げたところであります。また、平成24年以来多数の薬剤師を輩出してきた薬学部において、学園内教育連携の一つとして、東大谷高等学校の1年生に対し平成30年度より「(9年一貫)薬剤師育成プログラム」を開始いたしました。
 東大谷高等学校につきましては、泉北・泉ケ丘の地に移転先を求めることができ、平成25(2013)年4月より男女共学の高校として再スタートし、平成28(2016)年3月共学での第1期生を送り出しました。裁縫女学校から脈々と続く、学園最古の学校でありますが、大学での男女共学化に呼応した形で「新たな男子教育の伝統」も構築して行く必要があろうかと存じます。例えば、『仏説阿弥陀経』に「青色青光、黄色黄光・・・・」とあるように、男女の違いを認めあい、それぞれの性格や能力なども充分勘案した教育が、何よりも肝要だと考えております。
 他方、大谷中・高等学校のうち、大谷高校につきましては従前、老朽化した校舎で教育活動を展開して参りましたが、耐震対策の面から、平成28(2016)年度より同じ敷地内にあった元東大谷高等学校の校舎に移し、その老朽化した校舎などは平成29年度に解体いたしました。と同時にこれまでの「6年一貫の女子教育」という伝統に加えて、新たに平成31年度より高校からの生徒募集を開始することといたしました。
 また、大谷幼稚園につきましても、園舎の老朽化とそれに伴う耐震対策の必要性が生じたため、隣接する大阪狭山市が募集されていた「設置運営事業者」に選定していただき、平成31(2019)年度より同市今熊の地へ移転し、新たに「大谷さやまこども園」として再スタートすることといたしました。「幼保連携型認定こども園」であるため、従前からの幼稚園での教育に加えて、0歳児からの保育という機能も要求されます。教育・保育に従事される諸先生方の研鑽とご活躍を期待するところであります。
 最後になりますが、今後とも学園の教育活動に対し皆様方のご支援・ご協力のほどお願い申し上げまして、ご挨拶といたします。
合掌
学校法人 大谷学園 理事長
sign_左藤 一義
Copyright(c) 2006 Ohtani Gakuen. All Rights Reserved.